色無地を選ぶ時に注意したいポイント

近年では着物教室も再び注目されており、若い世代の女性から大人の女性まで幅広い世代の人気を集めています。そんな中でも様々なシーンで着ることができる色無地の着物が注目されています。色無地とは黒色以外の単一色で染め上げられた着物のことで、紋の有無や種類によって格式が異なり、選ぶ際にはその違いを押さえておくことが大切です。一つ紋の入った色無地は略礼装で、正式な場でのお茶会やお食事会向けの装いとなります。三つ紋の入った色無地であれば準礼装で、格式が高いものとなります。またシンプルで奥ゆかしい色無地の着物が茶道具の見栄えをより引き立てるという理由から、茶道の場に好まれています。紋なしは略礼装の位置付けで、着物を普段着として楽しみたい方におすすめです。柄が入っていない分控えめなイメージがありますが、着物自体がシンプルだからこそ帯の華やかさがより引き立つ点も色無地の魅力です。

色無地ならではの特徴と着こなし

色無地は特徴を押さえて着こなすと、様々なシーンで活躍する万能な着物です。先にご紹介した通り、格式の高いものになるほど着用できる場面も制限されます。四季折々の移り変わりが美しい日本の文化の中で生まれた着物では、季節がとても大事にされていて、花の模様など柄のある着物は着用できる季節が決まっています。単一色の色無地には着用できる季節に制限がないという特徴があります。子育て世代の女性に合う明るい色目のものは、七五三やお宮参りといった家族のイベント事の際にも着用することができます。また半襟に一工夫するなど着こなしをアレンジすることで古典的な印象になり、卒業式の袴としてもおすすめです。帯の組み合わせや小物などを工夫すると、アレンジの効いた着こなしを楽しめます。選ぶ上での注意点として、慶弔の両方で着用できるダークカラーの場合、吉祥文様が入っていると慶事のみの着用になるという点を押さえておきましょう。

色無地を選ぶ上で知っておきたいポイント

幅広い用途で季節に関係なく着ることができ、一枚持っておくと重宝する色無地ですが、シーンに適した装いをするためにも、いくつかのポイントを押さえることが大切です。まず紋付きの色無地には五つ紋と三つ紋、一つ紋の3種類があります。3種類の中で五つ紋はとても格が高い礼装、続いて三つ紋は訪問着よりも格式の高い準礼装です。最近では紋が入っていることで改まった場でも着用できることから、一つ紋が一般的です。紋なしは普段着としても着ることができます。色については、暗い色は不祝儀の際に、明るい色はお祝い事の席で着用します。選ぶ際に気をつけたいポイントとして、生地が揺れ動く際に浮き上がる仕様の地紋が入っているものは、不祝儀の際に着用することができません。雲取りや波文が入っていて、紫や藍色など落ち着いた色の色無地であれば着用できるシーンが幅広く利便性も高いので、慶弔両方で着用したい方におすすめです。