色無地を着る時に合わせると良いもの

色無地は、シンプルに一色で染め上げられた柄のない着物で、黒以外の無地であるのが特徴です。華やかな柄の入った色留袖や、振袖と違い、落ち着いた仕上がりになっています。色は黒以外ということで、最近ではカラーバリエーションが豊富にあります。普段着から礼装まで、幅広く着用することができる着物ですが、基本的に家紋を入れると、訪問着のように礼装として使用し、家紋がなければ普段着として使わることが多いです。紋の数も一つだけ入れるだけで、結婚式から学校行事まで様々な場面で利用することができ、控えめな印象から、子供が主役になるお宮参りや七五三で着用されることも多いです。紋を三つ入れる三つ紋もありますが、格が高くなってしまい、あまり気軽に使えないことから、一つ紋がよく使われるようです。

色無地に使われる文様などを紹介します。

色無地は、とても地味なイメージがありますが、様々な場面で着用でき、利用価値としては大きい印象もあります。柄など何も模様が入っていないものが基本ですが、慶事用に使われる生地には、地紋の入った着物があります。おめでたい席でよく使われるのが、吉祥文様です。白い生地に合わせて色無地として着用すると、控えめな中にも晴れやかで上品な印象があります。他にも、鳳凰や唐草文様が入った色無地や、雲と楓が入った色無地などもあります。合わせる生地の色によっては、組み合わせの幅も広がり印象もそれぞれ変わってくるでしょう。尚、法事や通夜、葬儀といった場面で色無地を着用する場合は、色は黒以外になってしまうので、グレーや暗めの紫といったダークな色合いを選び、帯の色を黒にすることで略式の喪服として着用することもできます。

色無地に合わせる帯を選ぶポイント。

同じ色無地でも、合わせるものによって印象も変わってきます。合わせるものとしてまず注目すべきなのが帯です。例えば、豪華な刺繍の入った袋帯を選ぶと披露宴やお茶の席といった場面によく合います。特に帯あげや帯締めを白に統一すると、よりフォーマルな仕上がりになります。また、洗練されたお洒落な帯を選ぶと、よりセンスも増して、レストランでのディナーや、パーティーに出席した場面でも魅力的に見られることでしょう。一方、柄の少ない控えめな帯を選ぶと、学校行事や、美術館などでの鑑賞といった際に、自分が目立ちすぎることなく、上品な印象でまとめることができます。そして、それぞれ帯の色を考える際に、使用する時期をふまえて、その時期の季節に合った色を選ぶといいでしょう。実際に、色無地を選ぶ機会があった時に、迷いも出てきそうですが、ポイントを抑えながら自分に合った着物を選んでいくのが楽しいです。