色無地を楽しむための極意を伝授

色無地とは、白い生地を単一の色で染め上げたもので、柄の無い着物のことを言います。卒業式や謝恩会で袴に合わせて着たり、子供のお宮参り、七五三、入学式や卒業式などの節目の時に着たり、友人や知人の結婚式、お茶会、祝賀会などのパーティーの時に着たり、さまざまなシーンで使うことができる用途の広い着物で、一揃え持っておくと便利です。一つ紋を入れることが多いですが、三つ紋を入れると、無紋の訪問着と比べて格が上がります。縫い紋を入れると略礼装として着ることができます。五つ紋を入れるとあらたまった席に着て行く礼装として使えます。同じ一つ紋の着物の場合、色無地は訪問着よりは略式の扱いになります。結婚式などのあらたまった席に出席する場合は、一つ紋以上のものを着用するのがマナーです。

用途に合わせた色無地の選び方のコツ

色無地を選ぶ時は、地紋や地色を用途に合わせることが大切です。一越縮緬や古代縮緬など地紋が無い生地のものもありますが、紋意匠や綸子には地紋が使われています。地紋が無ければさまざまな用途で使うことが可能ですが、地紋がある場合は慶弔によって使い分けをしなければなりません。吉祥模様は結納や結婚式など慶事の時のみに使うことができます。仏事にちなんでいる文様は、弔事の時しか使うことができません。慶弔両用にしたい場合は、流水や雲、有職文様などを選びます。地色を選ぶ時は、年齢や用途に添ったものにします。若い方は明るめの色合いのものを、少し年齢を重ねた方は落ち着いた色を選ぶことが多いですが、弔事に使う場合は暗く落ち着いた色を選びます。告別式以外は黒以外の色を着用しても構いません。

色無地を着用する時に知っておきたいポイント

色無地は、帯や小物とのコーディネートの仕方で格が変わります。袋帯ですと格調が高く、名古屋帯ですと気軽な感じになります。帯揚げは帯の格に合わせて選ぶのがポイントです。帯締めの基本は組みひもですが、帯留めに宝石を使用するなら小さめのものを選びます。草履やバッグも着物の格と連動させて選びます。正装として着る場合と弔事は半襟や襦袢を白にしますが、それ以外の時は色物や柄物を合わせることができます。購入する場合は、どのシーンでよく使うのかを考えて選ぶのがおすすめです。正装用かそれ以外の時用にするのかで、選ぶ着物が異なってきます。季節によっては単衣や袷を着ることもありますので、一緒に揃えます。小物も季節に合わせて変えます。よく着るものを購入し、それ以外はレンタルするのもおすすめの方法です。