プリザーブドフラワーの魅力

水を与える必要がないのに、生きた植物と比べても遜色のない、瑞々しい質感と柔らかさがあり、プレゼントとしても人気のプリザーブドフラワー。生け花を、特殊液に沈めることで、水分を抜いた素材であり、手軽に作れるうえに、手間もかからずに長期保存ができるので、部屋の飾りとしても長期間利用することができます。似たようなものとして、造花がありますが、造花と違って、元は完全に生きた花なので、表現方法が幅広く様々な使い方ができ、ドライフラワーとはまた違った花の長期保存という見方もできます。ただ、欠点もあり、水分を抜いた状態で長期保存を可能にしているため、湿気に弱く、生け花よりも破損しやすい。特殊加工の手間がかかるので、同じ花を購入するとしても、生け花よりも購入単価が基本的に高いといった点がありますが、長所の方が強いため、今後も注目です。

プリザーブドフラワーに挑戦しましょう。

プリザーブドフラワーとは可愛らしいお花を枯らすことなくいつまでもキレイに保存しておけるという手法を利用したものです。最近はお祝い事などにもよく用いられるのでご存知の方も多いでしょう。店頭に売っているものは勿論自分好みにアレンジできるパーツなども数多く店頭に並んでいます。小さな作品なら1時間かからずにできるものもあるので興味がある方やあまり時間は取れないけれど手作りをしたいなどという方にぴったりなのがプリザーブドフラワーです。講習会なども開かれており、そこでは基本的なことから専門的なことまで自分のレベルに合わせて学ぶことが可能です。最終的にはプリザーブドフラワー講師という資格を取れるものなどもあります。趣味をお仕事に変える大きなチャンスなので興味がある方は一度チャレンジしてみると良いでしょう。

プリザーブドフラワーの魅力

プリザーブドフラワーは造花と違って自然を感じながら飾る事が出来ます。アレンジされた商品ですと、状態がよければ数年程度持ちますので、ギフトとしても大変喜ばれます。お手入れの必要もありませんので飾るだけできれいなお花を楽しむ事が出来ます。自分でアレンジしたものを飾る為にプリザ―ブドフラワーの教室が色んな所で開催されています。全くの初心者でも見本を元にきれいに仕上げる事が出来ます。個人宅で教室を開催している人も多く、サロン風の教室が多いです。お花の好きな人が集う空間となります。レッスン後はお茶とスイーツが出されたり、楽しいひと時を過ごす事が出来ます。また希望があれば、ディプロマを取得する事が出来ます。初級から始めて上達する事に作成する作品も大きいものになります。ブライダルなどでも多く使用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)