プリザーブドフラワーの作り方

プリザーブドフラワーに使う花は、葉にハリがあり、花や葉に傷がない新鮮なものを使います。蓋が出来る箱に脱色液を流し入れ、花を浸します。なぜ蓋が必要なのかというと、脱色液はアルコールのため、蒸発してしまうからです。花の色が抜け、花のガクの部分が白くなったら液から出します。この時、花は大変崩れやすくなっていますので注意して下さい。その脱色した花を着色液に12時間から1日浸します。この時、しっかりと着色しなければ完成時に色が薄くなってしまいます。着色液は好みの色がなければ、インクカートリッジでも代用出来ます。その後、花を上向きに固定し、1日乾燥させて完成です。1日待てなければ、ドライヤーを1メートル離して当てると早く乾きます。この時、花弁が飛んでしまわないように注意して下さい。脱色液は市販のアルコールで代用出来ます。

プリザーブドフラワーは後の世話が要りません。

プリザーブドフラワーは後の世話が要らないのですごく便利です。普通の花をもらった場合、水の交換が必要です。しかしこれは透明な容器に入れておけば何もしなくてもその美しさを維持します。元々が本物の花から作っています。その為見た目は本物と見分けがつきません。ただ何も容器に入れない場合埃がつきます。埃がついてしまうと取りにくいです。花びらの付け根に付いた埃は取れません。その部分さえ気をつければこれは最高の贈り物になるはずです。これなら植物は世話が大変だからあまり好きじゃないという人でも喜んでくれるはすです。ちゃんと容器に入れておけば汚れることなく何年でも持つのです。これを部屋に飾れば部屋の雰囲気をすっかりかえることができます。インテリアとしての機能を発揮するのです。贈り物にするのに最適です。手がかからない上にきれいですからほとんどの人が喜ぶはずです。

プリザーブドフラワーとは

冠婚葬祭はもちろんですが、それ以外にも多くの場面でなくてはならない存在が花です。記念日だったり誕生日だったり、他人に贈って喜ばれることはもちろん、何をあげれば良いのかわからないといったときにも花というのは必ず喜ばれるのでとても重宝します。昔は普通の花しかなかったのであまり日持ちせず、贈り物にするには当日に購入しなくてはならないことや、せっかくもらってもしばらくしたら枯れてしまうので不便な点も多々ありました。しかし近年では技術の発展が素晴らしく、プリザーブドフラワーといったものがあります。プリザーブドフラワーは、生きた花を半永久的に生かし続けることに成功したもので、枯れないことや水を替えたり世話をする必要がなく誰でも気軽に楽しめることからとても人気が高い贈り物の一つとなっています。贈り物に困った時にはプリザーブドフラワーはぴったりなのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)