シーン別のおすすめの色無地の選び方

色無地は、さまざまなシーンで着回しができる万能の着物と言えます。紋無しであれば普段着としても活用できるのでこれから着物を着る機会を増やそうかと考えている人にもおすすめと言えます。色無地であれば帯や小物などにオリジナリティーのあるものをチョイスできるので自分好みの着こなしができるという所がおしゃれを気にする若い人にも人気の理由です。普段着以外にも結婚式やちょっとした食事会、子供の行事にも大活躍するのが色無地です。ただ、こういったかしこまった行事ごとに色無地を着て行く場合は紋付にすることが礼儀と言えます。友人の結婚式や入園式、卒園式などに着て行くなら落ち着いた色合いで一つ紋の着物を着て行きます。親族以上の結婚式ならば三つ紋を着て行くのが礼装となります。子どもの行事でもお宮参りなどは紋無しでも問題ありません。

色無地を着て行く場所はほかにもあります

様々なシーンで着て行くことができる色無地、結婚式や子供の行事以外にもたくさんの場所で活躍します。例えば結納の場などのおめでたい行事の時です。おめでたい行事ですので色無地でも少し明るめの色と帯や小物を華やかなものにすると良いです。逆に、弔事や法事などの時には紺色やグレーなどの落ち着いた色合いをチョイスすることが礼装と言えます。また帯はそういった弔事に締める用のものが販売されていますのでそちらを付けて行けば問題ないです。また上司の家など少しかしこまった場所にお呼ばれされた時も色無地は活躍します。着物を着て行くということに対して抵抗があるなんて方はまず色無地からスタートすると着やすいです。色無地は年齢問わず着られますし、体形も幅広い型に対応ができるという点でもおすすめと言えます。

新しく色無地を買うときの注意点

行事や結婚式、食事会などの機会があり初めて色無地を購入するという方は何をどのようにそろえればいいか全く見当もつかないと感じます。基本的には分からないことは素直におお店の方に質問をして助言をいただくようにすれば問題はありません。どのような場所に何の目的で着て行くかというのを明確に店員さんに伝えれば、プロの方なので上から下まできっちりとコーディネートをして取り揃えてくれます。店員さんに聞いたりするのが苦手だという方は事前にインターネットなどを利用して下調べをしておくと購入までがスムーズです。色無地は特に大きいしきたりは無いですが、気を付けるべきは紋付か紋無しかという点です。紋は一つ紋から五つ紋まであります。着て行く場所によっていくつの紋で行くのか、それとも紋無しで行くのかが決まります。色無地を着るときにはいく場所と、自分がどういった立場でその場に伺うかを明確にしておくと選びやすいです。