さまざまなシーンで役立つ色無地

結婚式以外の様々なフォーマルシーンで着用される機会の多い色留袖や訪問着、結婚式で着られるものは色無地の中でも黒留袖がほとんどですが、もちろん未婚の方や知人友人で参加する場合は色留袖を着用するという場合もあります。そんな色留袖は一着あるとかなり幅広く役に立つので、お話ししていきます。先ず色留袖と訪問着については似ているように見え違うのを知らない方も多いです。色留袖は地の色が黒以外で、袖に祝いの柄があしらわれている着物を指します。訪問着というのは肩から裾にかけて模様が入っていて、その模様が流れるようなデザインである着物です。全体の印象として訪問着の方は柄が多いとも言えます。その為色留袖は色無地と呼ばれますが、訪問着はその分類には入りません。色留袖は地色が様々あるので、入学や入園式に卒園や卒業式などにも着用される事が多い着物です。

色留袖が活躍する様々な着用シーン

色無地の中でも、黒留袖よりも幅広いシーンで活躍できるのが色留袖です。先ほど紹介した通り結婚式や披露宴での着用はもちろん、他にはちょっとしたお呼ばれのシーンでも着用する事ができます。その際には三つ紋もしくは一つ紋が利便性も良く重宝します。五つ紋が付いていれば黒留袖と同じ格になり、親族の披露宴や叙勲の授与式などの正式な場でも着用可能ですが、五つ紋だと他のシーンでの着用が難しくなります。そこで三つ紋もしくは一つ紋をあしらい、お子さんの入園卒園等にも着用できるようにしておけば着る機会も増えて着物にも良いという事になります。小物の合わせ方でも雰囲気ががらりと変わるので、披露宴などおめでたい席であれば金地もしくは銀地の錦織や唐織で織られた袋帯にするなど、白・金・銀を多く使用するといいです。

おすすめの色留袖色合いや模様など

色無地で黒以外の地色の着物は全て色留袖と称されます。ただし色留袖であれば何でもいいというわけではなく、その中にもオススメがありますので紹介していきます。結婚式の際に友人や知人の立場で、ゲストとしての参加ならベージュの地色に横菱の柄が華やかな着物や、ブルーの地色に黄色くぼかしの入った爽やかな着物など、悪目立ちし過ぎず明るい印象の着物が似合います。ブルーの地色であれば結納の席の場合やお子さんのお宮参りなどでも着用が可能です。着物は種類が多くその着物によって、格付けがあったり小物の合わせ方が難しかったりする事もありますが、着物を着てみたいという気持ちがせっかくあるのなら色無地をいきなり購入するのではなく、レンタルから始めるという方法もありますので、是非一度足を運んでみて下さい。

大切な日だからこそ、1番キレイなあなたで迎えられるように、素敵な着物があなたの魅力をより輝かせます。 サービス概要は着物レンタルで、結婚式や結納や七五三など様々なシーンに合わせて、様々な種類の着物を選べます。 着物レンタル365の強みについては、下見をすることができ、色柄やイメージを確認していただけることにあります。 色無地のレンタルは着物365がおススメ!